\ 来店せずに相談可能 /

ご相談はこちら
ARCHIVES
【知っ得】入院時自己負担かかるのは知ってるけど…

【知っ得】入院時自己負担かかるのは知ってるけど…

ふあんなママ

入院したらお金がかかるんだろうな〜という漠然とした不安があります。

万が一入院した場合いくらかかるかわかりません。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度>では1日あたりの入院自己負担平均は23,300円となっています。

https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/1210.html

この自己負担に含まれる項目とは具体的になにがありますか?

代表的なのが差額ベッド代です。

他にも病院から提供される食事代、交通費(見舞いも含む)、付添人の宿泊時ベット利用代、日用品、先進医療費等があります。

差額ベッド代の仕組みはどうなっていますか?

基本的なベッド使用料は公的医療保険適用の入院基本料金に含まれていますが、4人部屋や、2部屋、個室など使用する部屋により病院が自由に差額金額を設定して良いことになっています。5,000円~15,000までの差額が発生することが多いようです。

病院提供の食事代も別途かかるのですか?

入院中に病院から提供される食事代は、標準負担額として1食につき460円を患者が負担することになっています。これを超えた分は入院時食事療養費として加入の健康保険組合が負担することになっています。

仮に7日入院で21食の提供を受けた場合は9,660円の食事自己負担なります。

この金額は以前は1食あたり260円だったのですが、医療保険制度の改正により2016年4月に260円から360円に、2018年4月に460円に引き上げられました。

今後も引き上げられる可能性があります。

先進医療とはどのようなものですか?

先進医療とは、大学病院等で実施される最先端医療で、厚生労働大臣の承認を得たものを言います。通常の保険提要治療と併用することが出来ますが、治療費は全額自己負担になります。将来保険適用治療として導入検討中のものが多いが実施できる病院は限られています。

実施している医療機関はコチラ(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

まとめ

公的医療制度は国民全員に、ある一定程度の保障をします。という制度なのでいざ使うときにどこまで使えるのか?いくらかかるのか?どのような手続がいるのか?を知っておくことが大切です。

不安は元気なうちに解消しておきましょう。

VOICES

お客様の声

INSTAGRAM

10時まで
相談対応
可能!

KAERU不動産に相談する

KAERU不動産に相談する

「マイホームがほしいけど何から始めて良いのかわからない方」や、「不動産を売るのか?貸すのか?どちらがお得なのか悩んでいる方」など、少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
0120-726-812

【対応時間】9:00〜22:00 水曜定休