\ 来店せずに相談可能 /

ご相談はこちら
ARCHIVES
【しくじり体験談】見落としがちな中古住宅「購入時」の諸費用とは?

【しくじり体験談】見落としがちな中古住宅「購入時」の諸費用とは?

中古住宅購入時のしくじり体験談。中古住宅購入初心者に多い、諸費用の見落としでしくじった実例を紹介いたします。

しくじり女子
ネットに掲載されている1,980万円の中古住宅を購入しようと思ったら、最終的には2,500万円かかってしまいました。こんなにかかるのであれば新築も買えたのに、、、

ネットに掲載されている価格で中古住宅は買えない。

中古住宅を購入される方は、SUUMOやアットホーム等の不動産ポータルサイトで検索している人がほとんどです。しかし、ネットに掲載されている金額だけでは中古住宅は購入できません。中古住宅にかかる諸費用を見落とすことで、予算オーバーになる方が多いので、この記事では中古住宅購入時に見落としがちな諸費用をご紹介いたします。

必ずかかる見落としがちな諸費用とは?

仲介手数料不動産会社に支払う手数料。売買金額の3%+6万円+消費税となります。
2,000万円の物件の場合、726,000円の仲介手数料が購入時にかかります。
固定資産税土地や家屋にかかる市町村が課税する税金です。
築年数や家屋の大きさによって変わりますが50,000〜100,000円がかかります。
印紙税契約書を交わす時に必要な税金です。売買契約書や請負契約書が約5,000〜10,000円、
銀行との契約書には約20,000円ほどかかります。
火災保険中古住宅に付保する火災保険、地震保険にかかる費用です。築年数や面積、保証内容によりますが、
2,000万円の物件の場合、300,000円(10年一括の場合)ほどかかります。
登記費用土地や建物の権利証作成にかかる費用です。権利証があることで、銀行からお金を借りれたり、
将来、ご家族に相続したり、第三者に売却することができるようになります。

予算を見込んでおいた方が良い諸費用とは?

リフォーム費用中古住宅の状態によっては、クロスの張替えや水回りの交換、屋根外壁の塗装や給湯器の交換が必要な物件がございます。リフォームの知識もある不動産屋さんと物件を一緒に内覧することで、リフォーム予算を見積することができます。
外構費用外構にガレージをつくりたい方や、カーポートを設置したい方。表札やポストを変更されたい方は、外構予算も確保しておいた方がよいでしょう。外構工事の知識がある不動産屋さんと物件を一緒に内覧することをオススメいたします。
家具・家電費用エアコンを交換したり、冷蔵庫や洗濯機、ルンバやレンジ等の電化製品もローンに組み込むことが可能です。また、ダイニングテーブルやソファ、テレビボードなどの家具もローンに組み込めるため、家具や家電の予算も確保しておくことをオススメいたします。
中古の保証費用中古住宅は、第三者の建築士が診断し、修繕工事をすることで5年間の雨漏れや構造躯体の保証を受けることができます。診断から修繕工事、保証をつける時も費用がかかるため、中古住宅の保証に詳しい不動産屋さんと内覧することをオススメいたします。
引越費用新居への引越にもお金はかかります。引越時期や荷物の量で変わりますが、80,000〜150,000円ほど、予算を確保しておくことをオススメいたします。

見落としがちな中古住宅「購入時」の諸費用まとめ

中古住宅購入時には、上記のような諸費用がかかります。予算オーバーでしくじらないためには、ネットに掲載されている金額+諸費用というイメージで物件をお探しください。また、中古住宅は建物の状態によって、リフォーム費用が大きく変わります。気になる物件は、リフォーム知識もある不動産屋さんと一緒に内覧することで、リフォーム予算が明確になります。

KAERU不動産のスタッフは、リフォーム経験豊富なスタッフがおりますので、中古住宅購入時にどの程度リフォーム予算が必要かを明確にいたします。お気軽にご相談ください。

VOICES

お客様の声

INSTAGRAM

10時まで
相談対応
可能!

KAERU不動産に相談する

KAERU不動産に相談する

「マイホームがほしいけど何から始めて良いのかわからない方」や、「不動産を売るのか?貸すのか?どちらがお得なのか悩んでいる方」など、少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
0120-726-812

【対応時間】9:00〜22:00 水曜定休