\ 来店せずに相談可能 /

ご相談はこちら
ARCHIVES
【しくじり体験談】見落としがちな中古住宅「売却時」の諸費用とは?

【しくじり体験談】見落としがちな中古住宅「売却時」の諸費用とは?

中古住宅売却時のしくじり体験談。中古住宅売却初心者に多い、諸費用の見落としでしくじった実例を紹介いたします。

しくじり男子
売買査定額が2,000万円でしたが、最終的に手元に残ったお金は1,000万円でした。こんなに諸費用がかかるのであれば、売らなければよかった、、、

中古住宅を売却しても、全額手元には残らない。

中古住宅を売却される方は、リビンマッチやホームズ等の一括査定サイトで査定を依頼している人がほとんどです。しかし、査定サイトで評価された金額で売却しても、全額手元には残りません。中古住宅売却時にかかる諸費用を見落とす方が多いので、この記事では中古住宅売却時に見落としがちな諸費用をご紹介いたします。

必ずかかる見落としがちな諸費用とは?

仲介手数料不動産会社に支払う手数料。売買金額の3%+6万円+消費税となります。
2,000万円の物件の場合、726,000円の仲介手数料が売却時にかかります。
固定資産税土地や家屋にかかる市町村が課税する税金です。
築年数や家屋の大きさによって変わりますが約50,000〜100,000円がかかります。
印紙税契約書を交わす時に必要な税金です。売買契約書に約5,000〜10,000円かかります。
抵当権抹消費用銀行からお金を借りている場合は、抵当権という権利を抹消する必要がございます。
司法書士に委託した場合は約15,000〜20,000円ほどかかります。
境界明示費用不動産を売却する時は、敷地の境界を売主が明示する義務がございます。
境界があいまいなまま取引をしてしまうと後日大きなトラブルになるケースがあるためです。
境界が明確な場合はかかりませんが、不明確な場合は家屋調査士に依頼して境界を復元する必要がございます。

知っておいた方がよい売却後にかかる税金や諸費用とは?

譲渡所得税
住民税
中古住宅を売却して、利益が生じると、その利益に対して所得税が課税されます。売った土地や建物の所有期間が、売った年の1月1日現在で5年を超えるかどうかにより、適用する税率が異なります。約20〜40%。
節税対策も提案してくれる不動産屋さんに相談しましょう。
住み替え費用中古住宅を売却した場合、住み替え先に引っ越すための費用が必要となります。住み替え先が賃貸か売買によって、手段は変わりますが、住み替え先も相談できる不動産屋さんがおすすめです。
ハウスクリーニング費用中古住宅の状態によっては、売却開始時や引き渡し時にハウスクリーニングをするケースがございます。
ハウスクリーニングも対応してくれる不動産屋さんに売却を相談しましょう。
リフォーム費用中古住宅の状態によっては、リフォームしてから販売した方が高く売れるケースもございます。売れる前のリフォームコストはできる限り抑えたいところです。中古住宅のリフォームに詳しい不動産屋さんに相談することをオススメいたします。
保証費用中古住宅は、第三者の建築士が診断し、修繕工事をすることで5年間の雨漏れや構造躯体の保証を付けることができます。保証付きの中古住宅の方が高く販売できる可能性がございます。診断から修繕工事、保証をつける時も費用がかかるため、中古住宅の保証に詳しい不動産屋さんに相談することをオススメいたします。

見落としがちな中古住宅「売却時」の諸費用まとめ

中古住宅売却時には、上記のような諸費用がかかります。売却時にしくじらないためには、査定された金額ー諸費用というイメージで売却をご検討ください。また、中古住宅は建物の状態によって、評価額が大きく変わります。建物の知識がある不動産屋さんに査定を依頼することで、適正に建物を評価できるため、査定額が高まります。

KAERU不動産のスタッフは、売却経験豊富なスタッフがおりますので、中古住宅売却時にどの程度諸費用や税金が必要かを明確にし、お客様のお手元に残る金額を明確にします。お気軽にご相談ください。

VOICES

お客様の声

INSTAGRAM

10時まで
相談対応
可能!

KAERU不動産に相談する

KAERU不動産に相談する

「マイホームがほしいけど何から始めて良いのかわからない方」や、「不動産を売るのか?貸すのか?どちらがお得なのか悩んでいる方」など、少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
0120-726-812

【対応時間】9:00〜22:00 水曜定休