来店せずに
相談可能

相談する
ARCHIVES
価格設定に必要不可欠な、ネットで検索できない取引事例

価格設定に必要不可欠な、ネットで検索できない取引事例

中古住宅や中古マンションの売却を考える際、多くの方がネットの検索エンジンを駆使して、類似物件の取引価格をリサーチすることから始めます。しかし、インターネット上には公開されていない、非常に貴重な取引事例が存在します。今回は、そういった「ネットでは見つからない取引事例」の重要性と、それを取り扱う方法について解説します。

価格設定に必要不可欠な、ネットで検索できない取引事例

ネット検索の限界

公的な取引価格の情報サービスや不動産ポータルサイトは、取引事例を数多く掲載しています。しかし、それはあくまで一部であり、実際に取引された正確な成約情報が全て掲載されているわけではありません。

非公開の取引事例には、実際に売却された部屋の号数やプラン、募集期間や実際の値引き額等、詳しい情報が含まれております。これらの情報はオープン化されていないため、一般的なサイトでは得られません。

不動産会社が所有している取引事例

では、どのような取引事例データがあるのか、不動産業界の裏側をご紹介いたします。

1)レインズ(REINS)成約事例

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。不動産取引を行なう上でなくてはならないインフラ(基盤)となっておりますが、宅建業の免許を取得している業者のみ検索、閲覧が可能となります。

2)不動産取引価格情報検索システム

国土交通省が不動産の取引当事者を対象に不動産取引のアンケート調査を実施し、その結果得られた回答などについて物件が容易に特定できないよう加工した上で公表されるデータです。一般の方でもアクセスは可能ですが、地番や所在、マンション名が非公開のため価格設定の根拠にはなり得ません。

3)不動産会社が独自で保有している取引事例

1と2は、不動産会社であれば情報を得ることができますが、不動産会社独自で保有している取引データが参考になるケースも多いです。不動産会社から査定価格の根拠の説明を受ける時は、どのようなデータに基づいて価格を算定されているかを確認することがおすすめです。

まとめ

中古住宅・中古マンションの売却を成功させるためには、適切な価格設定が必須です。そのためには、ネット検索だけでは得られない取引事例の情報が非常に価値があります。非公開の取引データベースを保有し、多角的な取引データを提供してくれるパートナーを探すことをおすすめいたします。

弊社では、適正な価格で不動産を売却できるよう、1億件以上の取引データを持ち合わせており、お客様と共に最適な価格設定を検討いたします。売却の進め方のご説明から、諸費用の算出、最後のご成約までしっかりサポートいたしますので、お困りのことがありましたら些細なことでもご相談いただけましたら幸いです。

KAERU不動産の無料訪問査定・オンライン売却相談はこちらよりご依頼ください。オンラインのため全国対応可能です。
KAERU不動産
営業時間: 9:00 ~ 21:00
定休日:水曜日
電話での問い合わせ:0120-726-812

VOICES

お客様の声

INSTAGRAM

9時まで
相談対応
可能!

KAERU不動産に相談する

KAERU不動産に相談する

「マイホームがほしいけど何から始めて良いのかわからない方」や、「不動産を売るのか?貸すのか?どちらがお得なのか悩んでいる方」など、少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
0120-726-812

【対応時間】9:00〜21:00 水曜定休