来店せずに
相談可能

相談する
ARCHIVES
中古住宅・中古マンション売却は写真の品質で決まる

中古住宅・中古マンション売却は写真の品質で決まる

売却を考えている中古住宅・中古マンションの売主様にとって、物件の魅力を伝える方法は数多く存在します。しかし、スマホで不動産を探す時代において、写真の品質は売却成功の大きなカギを握っています。今回は、中古住宅・中古マンションの売却における写真の品質の重要性を探ります。

売却は写真の品質で決まる

買主は○○で中古住宅・中古マンションを探している

スマホやインターネットの普及によって、中古住宅・中古マンションなどの不動産の購入の流れも大きく変わりました。多くの買主は、不動産ポータルサイトやアプリを利用して、自分の希望に合わせて物件を検索します。その後、気に入った物件の詳細や写真、動画をチェックし、興味がある場合のみ不動産会社に連絡して見学を希望するようになりました。

このため、ポータルサイトに掲載する写真の品質は、売却の成功に直結する要素となっています。

写真撮影のポイント

1)自然光を活用する

自然光を取り入れた写真は、部屋を明るく、広く感じさせる効果があります。窓を開け、カーテンを開放して、最も明るい時間帯に撮影すると良いでしょう。

2)適切なアングル

物件の特長や独自性を強調するための最適なアングルを選択することが大切です。例えば、部屋の広さを強調したい場合、部屋の隅から撮影することで、広がりを感じさせることができます。

傾いた写真は、見る人に違和感を与える可能性があります。三脚の使用やカメラの水平器機能を活用して、歪みのない写真を目指しましょう。

3)整理・整頓

生活感を感じる物やゴチャゴチャとした印象は、物件の魅力を遮ることがあります。不要なアイテムを取り除くことで、スッキリとした印象を持続させることができます。

4)専門家に依頼

プロのフォトグラファーは、光の取り入れ方やアングル選びなど、専門的な知識と技術を持っています。そのため、プロに撮影を依頼することで、物件の魅力を最大限に引き出すことが可能です。また、高性能な機材を持っていることが多く、その機材を駆使して鮮明で高解像度の写真を撮影することができます。

ポータルサイトに掲載する写真の違い

具体的な違いをケーススタディを通じてご紹介します。以下の写真は、築年数が同じマンションの写真です。あなたならどちらの物件に問い合わせされますか?

▼ビフォー/LDK

▼アフター/LDK

▼ビフォー/キッチン&ダイニング

▼アフター/キッチン&ダイニング

まとめ

良い写真の品質は、物件の売却価格や見学希望者数に大きな影響を与えることが実証されています。そのため、写真の品質にこだわるパートナーの選択は非常に重要です。

弊社では、売却予定の中古住宅や中古マンションが最も魅力的に映るよう、広角レンズ対応カメラでの撮影サービスをご提供しております。広角カメラを使用することで、物件の魅力を一層引き立てることができます。

売却の進め方のご説明から、諸費用の算出、最後のご成約までしっかりサポートいたしますので、お困りのことがありましたら些細なことでもご相談いただけましたら幸いです。

KAERU不動産の無料訪問査定・オンライン売却相談はこちらよりご依頼ください。オンラインのため全国対応可能です。
KAERU不動産
営業時間: 9:00 ~ 21:00
定休日:水曜日
電話での問い合わせ:0120-726-812

VOICES

お客様の声

INSTAGRAM

9時まで
相談対応
可能!

KAERU不動産に相談する

KAERU不動産に相談する

「マイホームがほしいけど何から始めて良いのかわからない方」や、「不動産を売るのか?貸すのか?どちらがお得なのか悩んでいる方」など、少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
0120-726-812

【対応時間】9:00〜21:00 水曜定休