来店せずに
相談可能

相談する
ARCHIVES
他の物件と差をつけるために○○をする。

他の物件と差をつけるために○○をする。

物件売却の際、多くの売主様が抱く悩みの一つは「どうすれば早く、かつ高額で売却できるか」ということ。簡単に言えば、競合他物件との差別化が鍵となります。そこで、注目していただきたいのが、写真のレタッチ技術を駆使して物件の魅力を最大限に引き出す方法です。

他の物件と差をつけるために○○をする。

写真のレタッチの重要性

購入希望者は、まず物件情報をインターネットでチェックします。その際、写真が第一印象となり、その写真次第で物件に訪問を決めることが多いです。写真には、物件の雰囲気や魅力が凝縮されています。写真の後処理である「レタッチ」も極めて重要です。

レタッチを施すことで、撮影した写真は明るく鮮明になり、水平・垂直の歪みやレンズの歪みも修正されます。そのため、レタッチ前と後では、写真の印象が大きく変わるのです。

さらに、レタッチまでの工程にこだわる不動産会社はまだ多くありません。そのため、この点で他の物件との差別化が図れるのです。

レタッチのポイント

1)明るさ調整

写真が暗くなりがちな室内の場面では、明るさを適度に上げることで、部屋が広く感じられる効果があります。暗い写真よりも明るい写真の方が、見る人の気分を明るくし、物件に対する興味を高めることができます。

2)不要なものの削除

軽微な壁の傷や汚れ、家具の痛みなど、写真上で目立つ要素は、購入希望者の第一印象を悪くする可能性があります。これらの要素を綺麗に修正することで、物件の価値をより高めることができます。

3)垂直・水平の補正

写真撮影時に生じる傾きや歪みは、専門的なレタッチ技術を駆使することで修正できます。特に部屋の四隅や窓枠、ドアの縁など、垂直や水平を保つことが重要な部分に対して、この補正を施すことで、物件の構造やデザインが正確に伝わります。

レタッチで物件の魅力を高める

具体的な違いをケーススタディを通じてご紹介します。以下の写真は、同じマンションの写真です。あなたならどちらの物件に問い合わせされますか?

▼レタッチ前/LDK

▼レタッチ後/LDK

▼レタッチ前/LDK

▼レタッチ後/LDK

まとめ

写真のレタッチは、単なる修正以上のものです。それは物件の魅力を最大限に引き出し、購入希望者の心を掴むための強力な手段と言えるでしょう。上記のポイントを活用して、物件の真の価値を写真を通して伝えましょう。そのため、写真の品質にこだわるパートナーの選択は非常に重要です。

弊社では、売却予定の中古住宅・中古マンションを最も魅力的に見せるため、撮影後の画像は編集ソフトを用いて丁寧にレタッチを施します。その結果、多くの売主様から「早く、そして高く売却できた」というお喜びの声を頂戴しております。

売却の進め方のご説明から、諸費用の算出、最後のご成約までしっかりサポートいたしますので、お困りのことがありましたら些細なことでもご相談いただけましたら幸いです。

KAERU不動産の無料訪問査定・オンライン売却相談はこちらよりご依頼ください。オンラインのため全国対応可能です。
KAERU不動産
営業時間: 9:00 ~ 21:00
定休日:水曜日
電話での問い合わせ:0120-726-812

VOICES

お客様の声

INSTAGRAM

9時まで
相談対応
可能!

KAERU不動産に相談する

KAERU不動産に相談する

「マイホームがほしいけど何から始めて良いのかわからない方」や、「不動産を売るのか?貸すのか?どちらがお得なのか悩んでいる方」など、少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
0120-726-812

【対応時間】9:00〜21:00 水曜定休